美容外科の求人に応募する際の注意

美容外科の知識がない転職

美容外科の知識がない転職 | 美容外科の仕事を斡旋するエージェント急増 | 事前に職場の雰囲気や給与面の確認が重要

美容外科求人に応募する際には、募集要項だけではなく実際にその職場を見学するなど様子を事前に確認することが非常に重要と感じています。
私はこれまで経験がなく、専門的な知識が必要であると考えていたのですが人の役に立てるのであれば自分のできることをしたいと考えており、そのような時に美容外科の求人を見つけて、専門的な知識は必要ないと言う記載があったので応募したのですが、実際にはその職場は記入されている内容とは大きく異なりました。
専門的な知識を持っていなければできないような仕事を指示されることも多く、そのために職場の中から邪魔者扱いされてしまうことも少なくありません。

僕も、大学の講師をやめて、美容外科に転職するとき、散々言われたけど、信じる道を進んで、いまは美容外科で頑張れてる。
人になんと言われようと自分を信じて努力を継続するのが大切だね!

— 銀座マイアミ美容外科 (@GinzaMyAmi) April 1, 2021
そのため結果的には3日でこの職場を辞めることになってしまい、非常に嫌な思いをすることになりました。
私自身美容外科の知識がなかったため、どのような仕事を行うのかについて詳しく知らなかったと言う点に問題がありますが、その求人の仕方にも問題があったと考えられる面もあります。
未経験者歓迎と言う項目があったのにもかかわらず、実際に職場に入ると特に指導もなく経験していなければできないことを支持されてしまうことが多く、またこれに対してできないと言うと他の人から嫌な顔をされると言うことになってしまったので、結局は経験者でないとこの職場は務まらないということがわかり、すぐにやめてしまいました。